このメルマガは 九州国立博物館 がHTML形式で配信しています。
【九博メルマガ VOL.13】2011年7月15日号

保存・修理・模造とかかわりの深い名品の数々をとおして、これを守り伝える日本のこころと技を紹介する特別展です。「国宝 源頼朝像」と「国宝 平重盛像」に揃って会えるのは7/26(火) - 7/31(日)の1週間のみ!ただし、平重盛像は7/24(日)までは模写を展示。源頼朝像は8/2(火)から模写を展示します。展示期間はホームページでご確認ください。

◇ 開催期間・6月28日(火) - 8月28日(日)
◇ 開催場所・3階特別展示室
◇ 観覧料・一般:1300円・高大生:1000円・小中生:600円




 ♪ メルマガのオリジナル ♪ 
☆ 九博フォトアルバム ☆ NHK公開録画風景 ☆

(*九博Webサイトのシークレットページにリンク)
☆ 特別展「よみがえる国宝」 ☆ 会場のヒミツ&みどころ ☆

(*九博Webサイトのシークレットページにリンク)
☆ トピック展示 ☆ 「平戸  - 海外に開かれた港市 - 」の見どころ ☆

(*九博Webサイトのシークレットページにリンク)


文化交流展示室トピック展示のお知らせ

「彫漆 漆に刻む文様の美」(関連展示第9室)
彫漆とは、盆や合子などの表面に漆を塗り重ねて、文様を彫りあらわす技法。高い芸術性を備えた精緻な文様美が魅力です。写真や映像では伝わらない、実物のみが持つ美の世界をぜひお楽しみください。
開催期間 6月14日(火) - 7月31日(日)
詳しくはこちら・・・


「平戸オランダ商館開館記念 平戸  - 海外に開かれた港市 - 」(関連展示第11室)
アジア、西洋に開かれた港市、平戸の長く多彩な海外交流の歴史を紹介。松浦史料博物館の収蔵品や、生月島のかくれキリシタン信仰品など、これまであまり紹介された事のなかった史料も多数展示します。
開催期間 7月6日(水) - 8月15日(月)
詳しくはこちら・・・

□メルマガのオリジナル□ 「平戸  - 海外に開かれた港市 - 」の見どころ


「斉明天皇(さいめいてんのう)と飛鳥」(関連展示第8室)
1350年ほど前、未曾有の国難に立ち向かった一人の女性天皇がいました。その名は斉明。彼女が残した謎の石造品は飛鳥(奈良県明日香村周辺)に現存し、彼女が詠んだ歌は万葉集に伝えられています。
また戦線の陣頭指揮のため九州にも出陣しました。激動の斉明天皇の生涯を紹介します。
開催期間 7月20日(水) - 8月28日(日)
詳しくはこちら・・・


文化交流展観覧料
一般:420円・大学生:130円
※高校生以下・18歳未満及び満70歳以上の方は無料。
入場の際に年齢の分かるもの(生徒手帳、健康保険証、運転免許証など)をご提示下さい。
※6月28日(火) - 8月28日(日)は特別展「よみがえる国宝」の半券でご覧いただけます。

『文化交流展示室の散歩道』 河野 一隆
第10回
暑い夏こそ、涼しい博物館へ トピック展示「平戸  - 海外に開かれた港市 - 」

 今年も猛暑になりそうだ。とこぼしながら、デスクで仕事をしているのも私だけではあるまい。おまけに梅雨明け前で不快指数も高い。こんな時は、高温多湿の日本を飛び出して、梅雨の無いヨーロッパにでも行ってみたい。
 昔の日本人がヨーロッパと文化交流をはじめたのは、そんな消極的な理由ではなかったと思われるが、九州はヨーロッパとの出会いの地であったことは良く知られている。まず真っ先に思い浮かぶのが長崎・出島だ。文化交流展室でも、港市長崎と銘打ったトピック展示を開催したことがある。もうひとつの雄が、平戸・オランダ商館。決してその重要性に気がつかなかった訳ではないが、きっかけが無く、当館の展示には今まで縁が無かった。ところが、今年、平戸市にオランダ商館が再現されるという。これを記念して、7月6日(水)からトピック展示を開催している。題して「平戸オランダ商館開館記念 平戸  - 海外に開かれた港市 - 」。この夏は、涼しい博物館でプチ・ヨーロッパ旅行を楽しんでいただきたい。

筆者 河野 一隆のプロフィールこちら・・・

九博はてな?

Q)韓国から友人が遊びに来るので、九州国立博物館に行こうと思っています。韓国語の案内はありますか?

A)
九州国立博物館では、ボランティアにより館内の主な施設の紹介を行っています。
韓国語・英語・中国語・手話通訳もできます。見学される10日前までにお申し込みください。



▼詳しくは 九州国立博物館 交流課 電話092-929-3289 まで


九博イベント情報

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
九博 子ども向け夏休みイベント いこうよ!あじっぱ夏祭り2011
7月16日(土) - 7月17日(日)11:00 - 15:00 対象:中学生まで 参加無料
詳しくはこちら・・・
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
きゅーはくミュージアムコンサート【和の競演】 - 夢よ伝われ、世界へこどもたちへ -
7月23日(土)13:00 - 13:45 エントランスホール 無料
詳しくはこちら・・・
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
第1回はじめての茶道体験
7月23日(土)〔1〕10:30 - 11:30〔2〕13:30 - 14:30 茶室 要申込
主催&問合>>九州国立博物館 交流課 TEL(092)929-3602
詳しくはこちら・・・
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
第16回明日香村まるごと博物館フォーラム「斉明天皇と飛鳥 - 牽牛子塚古墳の発掘から」
7月30日(土) 13:00 - 16:30 ミュージアムホール 無料 要申込
詳しくはこちら・・・
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆きゅーはくカフェコンサート100回記念演奏会◆
7月22日(金)14:00 - 15:00予定 ミュージアムホール 無料
詳しくはこちら・・・
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

その他の7月・8月のイベント情報はこちら【PDF】・・・

特別展「よみがえる国宝-守り伝える日本の美-」関連イベント情報はこちら・・・





九博のお気に入り

小滝篤子 さまより

 それは、何といってもシンボルマークです。
 しっかりと落ち着いた緑を起点として、たっぷりの青をふくませた筆で、気持ちよく引いた1本の曲線。微妙な力の入れ方抜き方で、カーブは生き生きとし、線の強弱は心地よいリズムとなってます。そして、最後の筆の抜き方も見事です。
 この形は、まわりの緑と調和した九博の建物の屋根のラインにも見えますが、青空をわたる風のようでもあり、大海原の波のようでもあり、遠くに見える山脈のようでもあります。
 何千年もの時間を、すべての自然と共に生きてきた日本人です。私たちの文化を見せてくれる博物館にふさわしいデザインだと、感心しないではいられません。

*お便りありがとうございます!「九博オリジナル扇子」を贈らせて頂きます。【編集部】




☆ お 便 り 募 集 中 ☆
九博メルマガでは、皆さまからの“お便りメール”を募集中です。頂いたメールは次号からのメルマガに掲載させていただきます!!
“お便りメール”をお送り頂いた方の中から抽選でステキなプレゼントも用意しています。楽しい内容をお待ちしています。

募集内容とプレゼントの詳細はこちら >>>

 ただいま ‘暑い夏を乗り越えよう’ キャンペーン中!



平成23年8月1日(月)までに、九博メルマガに‘お便りメール’をお送り頂いた方の中から抽選で3名様に「九博オリジナル扇子」をプレゼントしています。


‘お便りメール’の 募集内容はこちら

  • 『九博に行ってきました!』800文字以内
  • 『九博のお気に入り』800文字以内
  • 『九博の思い出』写真投稿
  • 『私のお気に入りの展覧会 ベスト3』特別展感想
  • 『素朴な疑問』


‘お便りメール’をお送り頂く際に「九博オリジナル扇子希望」と記入のうえ、「住所」、「氏名」を明記ください。賞品の発送をもって当選者の発表に代えさせていただきます。
*お送り頂いた個人情報は、賞品の発送以外には使用しません。

投稿方法・募集内容など詳細はこちら >>>

開館時間、休館日などの詳しい情報はこちら >>>

九博メルマガのバックナンバーはこちら >>>


配信停止や登録内容の変更には、こちらのURLからログインしてください。
https://fofa.jp/kyuhaku/l.p/101/
ログインには登録時に送信されたパスワードが必要です。
パスワードを忘れてしまった場合はこちらから再度発行をお願いします。

https://fofa.jp/kyuhaku/r.p/101/
メールマガジンの登録・配信・変更に関するお問い合わせ
mailma@kyuhaku.com
メールマガジンの内容に関するお問い合わせ
info@kyuhaku.com
九博Webサイトよくあるご質問
http://www.kyuhaku.jp/visit/visit_qanda.html

発行:九州国立博物館
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールに掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載することを禁じます。