新春特別公開
徳川美術館所蔵 国宝 初音の調度

 徳川美術館に所蔵される国宝「初音の調度」は、徳川三代将軍家光の長女である千代姫が、寛永一六年(一六三九)、尾張徳川家二代光友に嫁ぐ折に制作された婚礼調度です。
 「初音」という名称は、この調度を飾る文様が、『源氏物語』「初音」帖に題材を得ていることに由来します。金銀を贅沢に使い、高度な蒔絵技術を尽くして制作された豪華な調度は、わが国の漆芸史上、白眉として名高いものです。
 今回は、この国宝「初音の調度」のうち、刀掛かたなかけかかりと、同じく『源氏物語』「胡蝶こちょう」の場面を描いた掛硯箱かけすずりばこの三件を展示し、南部家ゆかりの大揃いの婚礼調度も合わせてご紹介いたします。
 新春を飾るにふさわしい華麗なる婚礼調度。皆様どうぞゆっくりとお楽しみください。

会期

令和4年1月1日(土・祝)~1月30日(日)

展示場所

文化交流展示室 第9室

観覧料 【文化交流展(平常展)】

一 般 700円
大学生 350円
高校生以下・18歳未満および満70歳以上の方は無料

*その他詳細は こちらのページをご覧ください。

開催チラシ

主な展示作品

初音蒔絵刀掛

徳川美術館所蔵ⓒ徳川美術館イメージアーカイブ/DNPartcom

国宝 初音蒔絵刀掛はつねまきえかたなかけ

江戸時代・寛永16年(1639)
徳川美術館

室内で刀剣のこしらえを安置するための台。大名家の婦女は文武両道に秀でていることが要求され、自分用の刀や甲冑など最低限所持していた。

初音蒔絵寄り掛り

徳川美術館所蔵ⓒ徳川美術館イメージアーカイブ/DNPartcom

国宝 初音蒔絵寄り掛りはつねまきえよりかかり

江戸時代・寛永16年(1639)
徳川美術館

方形・箱形で、肘をかけて寄り掛かるための道具で、内部には懸子を収める。上部に華やかなビロードを張り、パンヤ(綿毛)をクッションに入れる。

胡蝶蒔絵掛硯箱

徳川美術館所蔵ⓒ徳川美術館イメージアーカイブ/DNPartcom

国宝 胡蝶蒔絵掛硯箱こちょうまきえかけすずりばこ

江戸時代・寛永16年(1639)
徳川美術館

掛硯箱は、硯箱の一種で掛硯とも呼ぶ。手に下げて持ち運べるように上部に提手が付けられる。内部には引出を備え、硯や筆のほか紙や小物を収める。

関連イベント

申し込み不要、先着144名

きゅーはく☆とっておき講座
「国宝 初音の調度について」

日時 :
令和4年1月8日(土) 13時30分~14時30分
場所 :
九州国立博物館1階ミュージアムホール
定員 :
144名
講師 :
川畑憲子(当館企画課特別展室長)
聴講料 :
無料
申し込み不要、先着17名

ミュージアムトーク
「国宝 初音の調度について」

日時 :
令和4年1月12日(水)15時00分~15時30分
会場 :
九州国立博物館4階 文化交流展示室内ミュージアムシアター
定員 :
先着17名
講師 :
川畑憲子(当館企画課特別展室長)
聴講料 :
無料(ただし文化交流展の観覧料が必要です)