きゅーはくサマーツアー 博物館で昆虫採集

きゅーはくサマーツアー
博物館はくぶつかん昆虫採集 こんちゅうさいしゅう

生きている虫はご 法度 ( はっと ) の博物館ですが、今回の主役しゅやくはそんな虫たち。
古今 ( ここん ) 東西 ( とうざい ) の作品に登場とうじょう するさまざまな虫は、今と変わらずいきいきとした姿を見せてくれています。
この夏は、博物館で昆虫採集をしませんか。
展示室てんじしつ のあちこちにかくれている虫を探しに来てください!

会期

令和6年7月30日(火)~ 9月1日(日)

展示場所

文化交流展示室 第11室ほか

観覧料 【文化交流展(平常展)】

一 般 700円
大学生 350円
高校生以下・18歳未満および満70歳以上の方は無料

*その他詳細は こちらのページをご覧ください。

開催チラシ

主な展示作品

虫好むしずきお殿とのさまの本気ほんき すぎる写生帖しゃせいじょう

虫好むしずきお殿とのさまの本気ほんき すぎる写生帖しゃせいじょう

虫豸帖〈秋〉

虫豸帖ちゅうちじょうあき

増山雪斎ましやませっさい
江戸時代 19世紀
東京国立博物館

長島 ( ながしま ) ( はん ) 現在 ( ) 三重県 ( ) )の 藩主 ( はんしゅ ) であった 増山 ( ましやま ) 雪斎 ( せっさい ) (1754~1819)が ( えが ) いた ( ) 写生 ( ) ( ) 。その 描写 ( びょうしゃ ) はプロ 顔負 ( かおま ) けの 緻密 ( ちみつ ) かつ 精確 ( せいかく ) なもので、 雪斎 ( ) ( するど ) 観察眼 ( かんさつがん ) ( ) への ( ) がうかがえる 博物 ( はくぶつ ) 図譜 ( ずふ ) 最高峰 ( さいこうほう ) です。

福岡 ( ふくおか ) ( はつ ) 日本初 ( にほんはつ ) 本格的 ( ほんかくてき ) 本草書ほんぞうしょ

福岡 ( ふくおか ) ( はつ ) 日本初 ( にほんはつ ) 本格的 ( ほんかくてき ) 本草書ほんぞうしょ

大和本草

大和本草やまとほんぞう

貝原益軒かいばらえきけん
江戸時代 19世紀(初版:1709年刊行)
九州国立博物館

本草学ほんぞうがく とは医薬となる植物・動物・鉱物を研究する学問で、中国において発達し、日本では江戸時代に大流行しました。著者である貝原益軒は福岡藩 ふくおかはん つか えた学者で、日本における本草学のパイオニア的存在。この本が完成したのは益軒79歳のときでした!

( うつわ ) ( いろど ) ( むし ) かごから ( ) こえてくるのは…♪

( うつわ ) ( いろど ) ( むし ) かごから ( ) こえてくるのは…♪

色絵花盆文大皿

色絵花盆文大皿いろえかぼんもんおおざら

伊万里(有田)
江戸時代 18世紀
九州国立博物館

直径50センチほどの伊万里いまりの大皿。中心の花盆図 かぼんずを囲むように、鈴虫の入った虫籠むしかご 巻物まきもの 冊子さっしなどをえが いています。平安時代以来、日本人は美しい虫の声を楽しんできました。

樹皮じゅひ ( つつ ) まれた ( はこ ) ( あつ ) まるキラキラの ( むし ) たち

樹皮じゅひ ( つつ ) まれた ( はこ ) ( あつ ) まるキラキラの ( むし ) たち

蝶蜻蛉蒔絵螺鈿料紙硯箱

蝶蜻蛉蒔絵螺鈿料紙硯箱ちょうとんぼまきえらでんりょうしすずりばこ

江戸時代 18世紀
国(文化庁)

( ) 表面 ( ) ( さくら ) 樹皮 ( じゅひ ) ( ) り、その ( ) 蒔絵 ( まきえ ) 螺鈿 ( らでん ) 技法 ( ぎほう ) でチョウやトンボをあらわしています。 ( ) ( ) ( ) などの ( ) かいところまで、 技巧 ( ぎこう ) ( ) くして 丁寧 ( ていねい ) 写実的 ( しゃじつてき ) につくられています。

まるで本物ほんもの精巧せいこうなフィギュア

まるで本物ほんもの精巧せいこうなフィギュア

銅製の昆虫標本

銅製どうせい 昆虫標本こんちゅうひょうほん

フランスおよびドイツ 19世紀
京都国立博物館

明治時代めいじじだい 、ヨーロッパからもたらされ、農商務省商品陳列館 のうしょうむしょうしょうひんちんれつかん に商品見本として展示されていたもの。南米産のオオキバウスバカミキリなどの甲虫こうちゅう を本物と見まごうばかりの精巧せいこう さで造り出しています。

丸山宗利先生

本展に登場するホンモノの虫のことは、丸山まるやま宗利むねとし 先生(九州大学総合研究博物館)に監修かんしゅう いただきました。

関連イベント

講演会
( はたら ) かない ( はたら ) アリ ( ) がいるって 本当 ( ほんとう ) ?アリたちの 不思議 ( ふしぎ ) 世界 ( せかい )

日時 :
令和6年8月18日(日)14時00分~15時00分(13時30分開場)
会場 :
九州国立博物館1階ミュージアムホール
定員 :
280名
出演 :
村上貴弘 先生(岡山理科大学)
聴講料 :
無料(当日受付、先着順)
村上貴弘 先生

村上むらかみ貴弘たかひろ 先生

ワークショップ
「村上先生 直伝 ( じきでん ) 昆虫 ( こんちゅう ) ( ) 講座 ( こうざ )

身近 ( みぢか ) ( ) をじっくり 観察 ( かんさつ ) して、スケッチしてみませんか。アリ 先生 ( ) こと 村上 ( むらかみ ) 貴弘 ( たかひろ ) 先生 ( ) 昆虫 ( こんちゅう ) ( ) ( えが ) くコツを 伝授 ( でんじゅ ) してくれます。
日時 :
令和6年8月18日(日)10時00分~12時00分(9時30分受付開始)
講師 :
村上貴弘 先生(岡山理科大学)
会場 :
九州国立博物館1階 研修室
対象 :
小学3~6年生
定員 :
20名(要事前申し込み、先着順)
参加料 :
無料

*申込受付は終了しました。
*ご参加いただく方には、8月4日(日)までにメールでご連絡を差し上げます。