ミュージアム・トーク(展示解説)情報


文化交流展示室内において学芸員によるミュージアム・トークを毎週行っています。ご希望の方は当日、時間までに文化交流展示室にお集まり下さい。

日時:

第2・4週の土曜日 18時00分〜 夜のミュージアム・トーク!
第2・4週以外の火曜日 15時00分〜

場所:

4階文化交流展示室内
(*詳しい場所については当日アナウンスいたします。)

聴講料:

無料
(*ただし文化交流展の観覧料は必要です。)


夜のミュージアム・トーク

夜のミュージアム・トークは、再現文化財(レプリカ)に触れたり、様々な道具での実測を行ったり、プロジェクターでの拡大投影を使った説明など、昼間とは一味違った内容になっています。幅広い年齢層の方にきっと楽しんでいただけるはず。ぜひ、夜のきゅーはくへお出かけください!

日程・場所 内容   担当学芸員
4月27日(土)
第8室前
文化財たちのかいてきなお部屋
みなさんは季節の変わり目に体調を崩したことはありませんか?実は文化財たちも温度や湿度の急な変化で困ったことになるのです。そうならないためのかいてきなお部屋をつくるいろいろな道具を紹介します!
博物館科学課
秋山純子
5月11日(土)
第1室前
石器作りの道具
縄文人は様々な形の石器を作りました。しかし、彼らが生きた時代には、金属の道具はありません。では、どのようにして石器を作ったのでしょうか?
博物館科学課
志賀智史
5月25日(土)
第6室
仏像のレプリカをさわってみよう!
さわってみると分かることがたくさんあります。博物館で展示している文化財はデリケートなものばかりですが、3Dプリンタで作ったレプリカなら、さわることができます。本物を展示したケースの前で、仏像のレプリカをさわってみましょう。
展示課
楠井隆志


お昼のミュージアム・トーク

日程・場所 内容   担当学芸員
4月30日(火)
第8室前
海底に残る蒙古襲来の現場
展示課
今井涼子
5月14日(火)
第11室
「鎖国」の誕生
企画課
松浦晃佑
5月28日(火)
第6室
手話と仏像
手を見ると仏像の「声」が聞こえてきます。仏像は「手」を使って仏教の教えを伝えているのです。今回は仏像の手に秘められた仏教の物語をひも解きます。

  • 今回は手話通訳(当館ボランティア)を行います
    聴講はどなたでも可能 事前申込不要
  • 問い合わせ:FAX 092-929-3980(展示課 加藤・茂泉)
    こちらの「ご意見・ご感想」のフォームから
    電話 050-5542-8600 (NTTハローダイヤル)

企画課
大澤信
*都合により内容変更・中止となる場合もあります。あらかじめご了承ください。