ミュージアム・トーク(展示解説)情報

きゅーはく☆とっておき講座

【定員270名】 *申し込み不要、先着順
日時:
年4~5回/13時30分~ *60分~90分程度
場所:
1階 ミュージアムホール
聴講料:
無料

日時・場所

6月1日(土)
13時30分〜15時00分

1階ミュージアムホール
きゅーはく☆とっておき講座

影絵人形たちの再会 ― 金子量重コレクションのワヤン・クリ―

民族造形学者の故・金子量重氏が九州国立博物館に寄贈されたコレクションの中には、インドネシアの影絵芝居ワヤン・クリの人形があります。昨年、金子氏の遺された民族資料がご遺族から寄贈されたことにより、新たにワヤン・クリの人形が加わりました。叙事詩『ラーマーヤナ』を上演するための一連の人形たちを紹介するとともに、金子氏の『ラーマーヤナ』研究を振り返ります。

担当者

担当学芸員

学芸部長
白井克也

お昼のミュージアム・トーク

日時:
第1・3・5週の火曜日 15時00分〜 *30分程度
場所:
4階 文化交流展示室
聴講料:
無料 *ただし文化交流展の観覧料は必要です。

日時・場所

6月11日(火)
15時00分〜*30分程度

文化交流展示室 3室
お昼のミュージアム・トーク

古墳の番人たち

新たに九州国立博物館へ仲間入りした、神聖なる古墳を守るガードマンをご紹介します。

担当者

担当学芸員

展示課
岸本 圭

日時・場所

6月25日(火)
15時00分〜*30分程度

文化交流展示室 2室
お昼のミュージアム・トーク

アジアの民族資料

当館の展示室のなかでもひときわ異彩を放つ部屋。令和5年度に新たに収蔵したアジア各地の民族資料を一挙ご紹介します。

担当者

担当学芸員

企画課
望月規史

日時・場所

7月2日(火)
15時00分〜*30分程度

文化交流展示室 3室
お昼のミュージアム・トーク

夫婦道めおとみち男神だんしん 女神じょしんのエトセトラ-

九博で奇跡の再会を果たした男神坐像と女神坐像。神像の見方と両像の数奇な運命についてのおはなしです。

担当者

担当学芸員

企画課
大澤 信

日時・場所

7月17日(水)
15時00分〜*30分程度

文化交流展示室 11室
お昼のミュージアム・トーク

箏と琴

雅楽に用いられる楽箏や文人に愛好された七絃琴、九州ゆかりの筑紫箏まで多彩な「こと」をご紹介します。

担当者

担当学芸員

企画課
川畑憲子
ミュージアム・トークのご紹介
令和3年5月11日「遣唐使の船」の一部・約1分

夜のミュージアム・トーク

(*現在、中止中です)

夜のミュージアム・トークは、再現文化財(レプリカ)に触れたり、様々な道具での実測を行ったり、プロジェクターでの拡大投影を使った説明など、昼間とは一味違った内容になっています。幅広い年齢層の方にきっと楽しんでいただけるはず。ぜひ、夜のきゅーはくへお出かけください!

夜のミュージアム・トークのご紹介
令和元年9月28日手話通訳付きミュージアムトーク「更紗(さらさ)に触ろう!」の一部・約1分

*ミュージアム・トーク(展示解説)は都合により内容変更・中止となる場合もあります。あらかじめご了承ください。