ミュージアム・トーク(展示解説)情報


文化交流展示室内において学芸員によるミュージアム・トークを毎週行っています。ご希望の方は当日、時間までに文化交流展示室にお集まり下さい。

日時:

第2・4週の土曜日 18時00分〜 夜のミュージアム・トーク!
第2・4週以外の火曜日 15時00分〜

場所:

4階文化交流展示室内
(*詳しい場所については当日アナウンスいたします。)

聴講料:

無料
(*ただし文化交流展の観覧料は必要です。)


夜のミュージアム・トーク

夜のミュージアム・トークは、再現文化財(レプリカ)に触れたり、様々な道具での実測を行ったり、プロジェクターでの拡大投影を使った説明など、昼間とは一味違った内容になっています。幅広い年齢層の方にきっと楽しんでいただけるはず。ぜひ、夜のきゅーはくへお出かけください!

日程・場所 内容   担当学芸員
5月25日(土)
第6室
仏像のレプリカをさわってみよう!
さわってみると分かることがたくさんあります。博物館で展示している文化財はデリケートなものばかりですが、3Dプリンタで作ったレプリカなら、さわることができます。本物を展示したケースの前で、仏像のレプリカをさわってみましょう。
展示課
楠井隆志
6月8日(土)
中央ガイダンスエリア
金の技にせまる!
「金」を見ると、私たちの心はワクワクするものです。しぶ~い色をした仏像も、じつはいろんなところに金が使われています。昔の人々の金の技を学び、展示室で光り輝く金をさがしてみよう!
企画課
大澤信
6月22日(土)
第1室前
水面に丸木舟を浮かべて
縄文時代の遺跡から丸木舟が発見されました。丸木舟を作った縄文人のくらしとは? 
科学課
小川香菜恵


お昼のミュージアム・トーク

日程・場所 内容   担当学芸員
5月14日(火)
第11室
「鎖国」の誕生
企画課
松浦晃佑
5月28日(火)
第6室
手話と仏像
手を見ると仏像の「声」が聞こえてきます。仏像は「手」を使って仏教の教えを伝えているのです。今回は仏像の手に秘められた仏教の物語をひも解きます。

  • 今回は手話通訳(当館ボランティア)を行います
    聴講はどなたでも可能 事前申込不要
  • 問い合わせ:FAX 092-929-3980(展示課 加藤・茂泉)
    こちらの「ご意見・ご感想」のフォームから
    電話 050-5542-8600 (NTTハローダイヤル)

企画課
大澤信
6月11日(火)
第3室
北へと広がる、弥生文化
文化財課
無津呂健太郎
6月25日(火)
第9室前
お坊さんと水墨画
文化財課
畑靖紀
*都合により内容変更・中止となる場合もあります。あらかじめご了承ください。