このメルマガは 九州国立博物館 がHTML形式で配信しています。画像が表示されない方はこちら

九博メルマガ【毎月1日・15日配信】
【九博メルマガ VOL.97】平成27年1月15日号


CONTENTS

特別展「古代日本と百済の交流 - 大宰府・飛鳥そして公州・扶餘 - 」
  同時開催「日本発掘 - 発掘された日本列島2014 - 」
4階へ行こう 文化交流展示室だより・・・
  新春特別公開 徳川美術館所蔵 国宝 初音の調度
  トピック展示 大涅槃展
きゅーはくニュース
お便り届きました
メルマガ会員だけのお得情報



特別展「古代日本と百済の交流 - 大宰府・飛鳥そして公州・扶餘 - 」同時開催「日本発掘 - 発掘された日本列島2014 - 」

1月1日(木・祝) - 3月1日(日)


古代日本と百済の交流をひも解く本展では、両国の強い絆を示す数々の至宝が展示されています。
いよいよ本日から2月15日まで国宝「七支刀」が公開。日本最古の神社の一つである奈良・石上神宮に伝わり、ご神体に匹敵するとされる貴重な宝で、石上神宮でもほとんど公開されることはありません。このたび、特別のはからいをいただいて、期間限定で本展での公開となりました。
全長約75cmの七支刀は、両面にあわせて61文字の銘文があり、「倭王のために七支刀をつくった」ことを伝えています。日本と百済の交流のはじまりを伝える東アジア史上、第一級の宝です。是非会場でご覧ください。
その他、日本初公開の韓国国宝「武寧王陵墓誌石」など貴重な品々が多彩に。




同時開催の「日本発掘 - 発掘された日本列島2014 - 」では、全国で毎年8,000件ともいわれる発掘調査の成果に触れることができます。三内丸山遺跡、吉野ヶ里遺跡などの出土品約1,000点が九州に集合!大規模なスケールで、考古学ファンはもちろん、これまであまり縁がなかった方にもご覧いただきたい展覧会です。




▼詳しくはこちらへ


◆九州国立博物館を愛する会による影絵公演

水城跡のものがたり ひともっこ山と父子島


1月18日(日)11:00 - 11:30/13:00 - 13:30
手作りの影絵人形を使って水城がつくられた1350年前の様子を紹介。
会場:九州国立博物館1階ミュージアムホール
入場無料・事前申込不要


◆講演会

文化財科学が解き明かす自然災害III


1月24日(土)13:00 - 16:30
会場:九州国立博物館1階ミュージアムホール
聴講無料・事前申込不要


◆リレー講座

九博研究員が語る!考古学を100倍楽しむ方法


2月1日(日)13:30 - 15:30
2月22日(日)13:30 - 15:30
会場:九州国立博物館1階研修室
聴講無料・事前申込不要


ほかにも展覧会をより深く知る、楽しめるイベントがたくさん。
▼特別展関連イベント情報はこちらへ




4階へ行こう! 文化交流展示室だより

◆ 新春特別公開

「徳川美術館所蔵 国宝 初音の調度」

展示室中央 1月1日(木・祝) - 1月25日(日)


徳川美術館に所蔵される国宝「初音の調度」は、徳川三代将軍家光の長女である千代姫が、寛永16年(1639)、尾張徳川家二代光友に嫁ぐ折に制作された婚礼調度です。
金銀を贅沢に使い、高度な蒔絵技術を尽くして描かれた豪華な源氏の世界は、終日見ていても飽きないことから「日暮らしの調度」と呼ばれました。
今回は、九州初公開となる櫛箱(くしばこ)、帯箱(おびばこ)の2件をご紹介します。






『初音の調度』特製チケットケースができました!


館内1階の総合案内所(オープンカフェ横)、ボランティアカウンター(あじっぱ横)および4階の文化交流展示室案内所(改札入って左)にてお配りしています。どうぞご自由にお持ちください。
*4階の文化交流展示室に入るには、観覧券が必要となります。


特製チケットケース


▼詳しくはこちらへ




◆ トピック展示

「大涅槃展」

関連第11室 1月14日(水) - 2月15日(日)


涅槃(ねはん)とはサンスクリット語のニルバーナに由来する言葉で、迷いの火を吹き消した状態のこと。仏教において悟りの境地を意味し、特に釈迦の死を「涅槃」と呼びます。 その様子をあらわした「涅槃図」には、嘆き悲しむ大勢の人や動物が描かれ、あらゆる生き物にとって重大な出来事であったことが見て取れます。
釈迦入滅(涅槃)の日である2月15日にちなんで開催する涅槃図尽くしのトピック展示。重要文化財5点、初公開9点を含む、時代も地域も様々な選りすぐりの20点が一堂に会します。どうぞお見逃しなく。






仏涅槃図(部分)
命尊筆 鎌倉時代・元亨3年(1323)九州国立博物館所蔵
約80年ぶりに存在が確認された幻の作品を修理後初公開します。


スタンプラリーも好評開催中。トピック展示を2つご覧いただき、会場内にあるスタンプを集めて4階総合案内までお持ちください。九博オリジナルグッズをプレゼントします。
「大涅槃展」から集める方は3月3日から5月10日までの「柿右衛門 - 受け継がれる技と美 - 」のスタンプも必要です。頻繁な展示替えで新鮮な出会いがある文化交流展。ご来館の際は是非お立ち寄りください。




スタンプのデザインは、お釈迦様の死を悼み、悲しむ猿です。


▼詳しくはこちらへ





きゅーはくニュース



年に一度のバックヤードツアー

特別公開『博物館科学・文化財保存修復施設』


日時: 1月24日(土)10:00 -
定員:30名(要事前申込み)


毎週日曜日に実施されているバックヤードツアーとは別に、年に一度、博物館科学諸室や文化財保存修復施設内を見学できる特別公開を実施しています。
普段はもちろん、通常のバックヤードツアーでも見学できない施設を、九州国立博物館の研究員や修理技術者による解説で特別にご案内いたします。


▼詳しくはこちらへ


新春の九博は楽しいお土産がいっぱい!




九博オリジナル測量野帳


「野帳」とは、多くの考古学者が発掘の際に使用しているノート。
表紙が硬く、屋外で使いやすいのが特長。
今回の特別展にあわせて、コクヨとコラボで作りました。
表紙の絵は、九州の装飾古墳の壁画の模様を元にした図案。
1階ミュージアムショップと3階特別展示室出口で販売中。1冊378円。





マスキングテープ


装飾古墳の模様を元にしたデザイン。
1階ミュージアムショップと3階特別展示室出口で販売中。324円。





さいふごま


特別展の図柄をデザインしたオリジナルの「さいふごま」。
1階ミュージアムショップで販売中。1個648円





バームクーヘンと鶴乃子


パッケージに展覧会の図柄をあしらったスイーツ。
3階特別展示室出口で販売中。
百年バウム処810円。鶴乃子(2個入り)270円。





▼ほかにも楽しいイベントがいっぱい!詳しくはこちらへ




メルマガ会員だけのお得な情報!

★ 本メルマガでご紹介した九博オリジナル測量野帳1冊に、レターセットとクリアファイルを加えて抽選で5名様にプレゼント!


【九博メルマガ・プレゼント応募用メールフォーム】


締切は、1月31日(土)まで。
*いただいた個人情報は上記の目的で利用し、目的以外の利用は行いません。




お便りコーナー



● 福岡市の入江さんからお便り届きました。


特別展「台北 國立故宮博物院 - 神品至宝 - 」を観ました。毎回かかさず足を運んでいます。いつも楽しみにしているのは、観終わった後、感動を忘れないように、お気に入りの作品の絵葉書を買うことにしています。今回は「藍地描金粉彩游魚文回転瓶」を楽しみに、そして実際の美しさ、金魚の愛らしさに感動しました。帰りに早速、絵葉書を求めましたが、この作品の絵葉書は金魚の部分だけを切り取ったものだけで、全体像をうつしたものがなく、がっかりしました。お気に入りの絵葉書で友達に便りを書くのが、常ですが、これでは作品を観た事のない人に作品の美しさと技巧が伝わりません。残念です。


★ お便りありがとうございました!








九博ではまだまだメルマガ会員の募集をしています。
会員の皆さまも、ぜひお知り合いの方に当メルマガをご紹介ください!!

☆ お 便 り 募 集 中 ☆
九博メルマガでは、皆さまからの“お便りメール”を募集中です。頂いたメールは次号からのメルマガに掲載させていただきます!!
“お便りメール”をお送り頂いた方の中から抽選でステキなプレゼントも用意しています。楽しい内容をお待ちしています。

募集内容とプレゼントの詳細はこちら >>>




開館時間、休館日などの詳しい情報はこちら >>>

九博メルマガのバックナンバーはこちら >>>



配信停止や登録内容の変更には、こちらのURLからログインしてください。

https://fofa.jp/kyuhaku/l.p/101/

ログインには登録時に送信されたパスワードが必要です。
パスワードを忘れてしまった場合はこちらから再度発行をお願いします。

https://fofa.jp/kyuhaku/r.p/101/

メールマガジンの登録・配信・変更に関するお問い合わせ

mailma@kyuhaku.com

メールマガジンの内容に関するお問い合わせ

goiken@kyuhaku.com

九博Webサイトよくあるご質問

http://www.kyuhaku.jp/visit/visit_qanda.html


発行:九州国立博物館
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールに掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載することを禁じます。