このメルマガは 九州国立博物館 がHTML形式で配信しています。
【九博メルマガ VOL.8】2011年5月1日号

日本三禅宗の一つ黄檗宗は中国明末の名僧・隠元隆〓(いんげんりゅうき・1592-1673)禅師によって開立、黄檗山萬福寺は寛文元年(1661)に開創されました。今年開創350周年を迎えることを記念し、本展では大本山萬福寺に伝えられた名宝の数々と黄檗宗独特の異国的な魅力をご紹介いたします。

◇ 開催期間・3月15日(火) - 5月22日(日)
◇ 開催場所・3階特別展示室
◇ 観覧料・一般:1300円・高大生:1000円・小中生:600円




 ♪ メルマガのオリジナル   - ここだけ情報 - ♪
☆ 九博ランキング ☆ 「オープンカフェ」の人気メニューベスト3 ☆

(*九博Webサイトのシークレットページにリンク)


いちもと るいの『草原通信-3』
鳳凰の国

 京都宇治の平等院鳳凰堂は、十円硬貨でもおなじみの平安建築です。さて、この建物の屋根の上には鳳凰がとまっています。なぜ鳳凰なのでしょうか。

 鳳凰は中国でうまれた想像上の動物で、徳のある人のもとに舞い降りるとされてきました。その鳳凰の象徴性は、平安時代と同時期の契丹王朝でも存在しました。契丹皇族の墓から出土した棺や冠、かんざし、靴などにも多くの鳳凰模様を見つけ出すことができます。このような大陸における鳳凰の象徴性が、海を越えて日本の平安文化に影響を与えたとも考えられます。

■ 今秋開催予定の特別展「大契丹 蒼天の王朝美」(仮称)をご期待下さい。

■ 筆者 市元 塁のプロフィールこちら・・・

次回『草原通信-4』はメルマガ6月1日号に掲載予定です。


トピック展示のお知らせ

九州新幹線全線開業記念 アジア友好日本古美術帰国展
「日本とタイ - ふたつの国の巧と美」
本展覧会は、3月13日(日)までバンコク国立博物館(タイ王国)で開催されていた海外日本古美術展の帰国展で、日タイ両国の貴重な文化財が一堂に会します。両国の歴史をたどりながら、文化の共通点と差異をご覧いただけます。
開催期間 4月12日(火) - 6月5日(日)
詳しくはこちら・・・


国宝 琉球国王尚家関係資料 修理完成記念特別公開
尚円王(1415 - 76)にはじまる琉球第二尚氏は、400年余りにわたって琉球を統治しました。本資料は、尚家の琉球支配を物語る貴重なものであり、沖縄県内での国宝指定第1号です。平成22年度に修理の完了した資料を特別公開いたします。
開催期間 4月12日(火) - 5月22日(日)
詳しくはこちら・・・


『文化交流展示室の散歩道』 河野 一隆
第5回 文化交流展室で楽しむ南蛮文化 - 博多どんたくによせて -

 まちに待った大型連休がやって来たけれども、今年は心はずむ気になれないのは私だけではないと思う。しかし、福博の街は、これから山笠までが1年のうちで最も躍動する季節。特に、5月3・4日に開催される「博多どんたく」は、50周年の記念の年だ。「どんたく」がオランダ語で休日の「zondag(ぞんたーく)」に由来することは良く知られている。今回は、文化交流展室で楽しめる南蛮文化について考えたい。
 その代表選手が南蛮屏風と南蛮漆器だろう。いずれも文化交流展室の基本展示室内の南蛮文化を紹介するケースを飾っているから、ご記憶の方も多いかもしれない。また、正月の展示が恒例となった「うんすんかるた」。熊本県人吉市では現在でも、盛んに行なわれていると聞く。南蛮菓子は、残念ながら室内での展示はできないけれども、カステラの原型(パォン・デ・ロー)のレシピが文化交流展室の公式ガイドブック「アジアージュ」(ミュージアムショップで1400円で販売中)で紹介されている。それ以外に、羊皮紙に描かれた東南アジアの航海図や出島商館跡から出土したVOC(東インド会社)文様の伊万里の皿など。初夏に秘められた南蛮の香りを訪ねて、ギャラリーを散歩してみませんか。

筆者 河野 一隆のプロフィールこちら・・・

特別展「黄檗 - OBAKU」情報

1 後期展示開始(4月19日 - 5月22日)のお知らせ
展示作品の一部について、展示替え及び巻き替えを4月18日に実施しています。楠井主任研究員(黄檗展主担当)のお薦めは次のとおりです。



2 関連イベントの追加のお知らせ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
フルートコンサート「隠元禅師の夢 - 瞑想のひととき」
5月15日(日)〔1〕11:00 - 11:30〔2〕13:30 - 14:00 エントランスホール 無料 申込不要
出演 - ウィル・オッフェルマンズ(フルート)、上田純子(薩摩琵琶、声)
特別出演 - 松尾法道・東明山興福寺住職(黄檗宗声明)
問合>>西日本新聞イベントサービスTEL(092)711-5491(平日:10:00 - 17:00)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


文化交流展示室情報

■ 展示替実施箇所(平成23年4月実施分)




九博はてな?

Q)茶室は見学できるの?

A)
利用を予定している方の下見はできますが、それ以外の方には、2011年1月から始まった「茶室・博物館施設見学ガイドツアー」がお薦めです。建物のまわりを散策しながら、設備などの説明をおこないます。茶室内部もスタッフが案内します。
また、当館では「茶道」初心者を対象に、「ペアで茶道体験」「親子で茶道体験」など茶室で茶道体験ができるイベントを開催しています。皆様の参加をお待ちしています。




☆ お 便 り 募 集 中 ☆
九博メルマガでは、皆さまからの“お便りメール”を募集中です。頂いたメールは次号からのメルマガに掲載させていただきます!!
“お便りメール”をお送り頂いた方の中から抽選でステキなプレゼントも用意しています。楽しい内容をお待ちしています。

募集内容とプレゼントの詳細はこちら >>>


九博イベント情報

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
トピック展示「日本とタイ - ふたつの国の巧と美」関連イベント
講演会「日本とタイ - ふたつの国の文化の違い」【詳細】
5月1日(日)13:30 -  研修室 無料 申込不要/先着順※定員80名
日本とタイの似ているようで異なる意外な関係について、大阪外国語大学名誉教授 赤木攻氏が講演します。
問合>>九州国立博物館(NTTハローダイヤル)TEL(050)5542-8600
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ラ・フォル・ジュルネ鳥栖「熱狂の日」音楽祭プレイベント - ミニコンサート【詳細】
5月3日(火・祝)15:00 - 15:30 ミュージアムホール
ラ・フォル・ジュルネ鳥栖「熱狂の日」音楽祭2011の本公演(5月6日・7日)PRのためのミニコンサートを開催します。出演はアルモニア管弦楽団(佐賀市)です。
問合>>ラ・フォル・ジュルネ鳥栖「熱狂の日」音楽祭実行委員会事務局 TEL(0942)50-0006
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
トピック展示「日本とタイ - ふたつの国の巧と美」関連イベント
「微笑みの国からやってくる魅惑のタイ舞踊」【詳細】
5月5日(木・祝)〔1〕11:00 - 〔2〕13:30 - (※タイ舞踊体験ワークショップ 14:00 - )
ミュージアムホール 無料 申込不要(先着順)
タイから美しい踊り手たちがやってきます。タイ舞踊の鑑賞のほか、タイ舞踊を体験してみませんか?
問合>>九州国立博物館(NTTハローダイヤル)TEL(050)5542-8600
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
第5・6回親子で茶道体験【詳細】
【第5回】5月8日(日)【第6回】6月25日(土)〔1〕10:30 - 11:30〔2〕14:00 - 15:00 茶室
要申込(5月8日開催分は4月10日より、6月25日開催分は5月9日より受付開始)
 参加料:親子1組(合計2名)500円 ※定員各回5組10名程度
茶道初心者の親子(子どもは小中高生)を対象とした茶道体験です。
主催&問合>>九州国立博物館交流課 TEL(092)929-3602
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
きゅーはくミュージアムコンサート 絵本と音の玉手箱【詳細】
5月8日(日)〔1〕13:30 - 〔2〕15:00 -  ミュージアムホール 無料
9才のシンガーHINAKOとピアノ&ベースによるユニットVisionsの奏でる音楽と、徳永玲子の臨場感溢れる絵本の読み聞かせのコラボレーション。皆様をファンタジーの世界へといざないます。
主催&問合>>九州国立博物館(NTTハローダイヤル)TEL(050)5542-8600
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
第50回記念 日本現代工芸美術福岡展【詳細】
5月10日(火) - 5月29日(日)ミュージアムホール/エントランスホール 無料
基本巡回作品、受賞作品、地元九州の本会員及び入選者作品を展示します。
問合>>現代工芸美術家協会九州会(馬場) TEL(0955)42-3306
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
トピック展示「日本とタイ - ふたつの国の巧と美」関連イベント
講座 「タイの仏(ほとけ) 日本の仏(ほとけ)」【詳細】
5月14日(土) 14:00 -  研修室 無料 申込不要/先着順※定員80名
タイのきらびやかな仏像をはじめ仏教美術について、日本と比較しながら、その魅力に迫ります。講師は当館原田あゆみ主任研究員。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
第1回ガムランワークショップ - ジャワのガムラン演奏体験
五感で知る、アジアの青銅楽器の魅力 - 【詳細】
5月28日(土)13:30 - 15:30 エントランスホール 無料
要申込 ※定員28名 対象:小学生以上。
ジャワのガムランを用いたワークショップを開催。実際にガムランの演奏を体験することで、楽器の造形の美しさ、その響きの豊かさを五感で受け取り、合奏の楽しさを味わってください
主催&問合>>九州国立博物館交流課 TEL(092)929-3294
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
きゅーはくカフェコンサート
エントランスカフェ前にて福岡女子短期大学音楽科の学生によるコンサートを開催します。
5月の開催は、13日(金)、27日(金)〔1〕14:00 - 〔2〕15:00 - の予定です。
主催&問合>>九州国立博物館(NTTハローダイヤル)TEL(050)5542-8600
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

その他の5月・6月のイベント情報はこちら【PDF】・・・



開館時間、休館日などの詳しい情報はこちら >>>

九博メルマガのバックナンバーはこちら >>>


配信停止や登録内容の変更には、こちらのURLからログインしてください。
https://fofa.jp/kyuhaku/l.p/101/
ログインには登録時に送信されたパスワードが必要です。
パスワードを忘れてしまった場合はこちらから再度発行をお願いします。

https://fofa.jp/kyuhaku/r.p/101/
メールマガジンの登録・配信・変更に関するお問い合わせ
mailma@kyuhaku.com
メールマガジンの内容に関するお問い合わせ
info@kyuhaku.com
九博Webサイトよくあるご質問
http://www.kyuhaku.jp/visit/visit_qanda.html

発行:九州国立博物館
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールに掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載することを禁じます。