ミュージアム・トーク(展示解説)情報


文化交流展示室内において学芸員によるミュージアム・トークを毎週行っています。 ご希望の方は当日、時間までに文化交流展示室にお集まり下さい。

日時:
第2・4週の土曜日 18時00分〜 夜のミュージアム・トーク!
第2・4週以外の火曜日 15時00分〜
(*毎回30分程度)
場所:
4階文化交流展示室内
(*詳しい場所については当日アナウンスいたします。)
聴講料:
無料
(*ただし文化交流展の観覧料は必要です。)

ミュージアムトーク・プレミアム

「桜ヶ丘銅鐸の絵画」

神戸市立博物館を代表する収蔵作品「国宝桜ヶ丘銅鐸・銅戈」。 この全21点を紹介する特集展示「国宝 銅鐸絵画」が九州国立博物館で開催されます。
今回、神戸市立博物館のご担当者をお招きし、桜ヶ丘銅鐸の魅力についてじっくりと語っていただきます。

担当学芸員:
山本雅和(神戸市立博物館学芸担当課長)
日時:
平成30年8月7日(火)
第1回 11時00分〜 第2回 15時00分〜 *各回30分程度
会場:
九州国立博物館4階 文化交流展示室 第1室
聴講料:
無料(ただし文化交流展の観覧料は必要)

夜のミュージアム・トーク

夜のミュージアム・トークは、再現文化財(レプリカ)に触れたり、様々な道具での実測を行ったり、プロジェクターでの拡大投影を使った説明など、昼間とは一味違った内容になっています。幅広い年齢層の方にきっと楽しんでいただけるはず。ぜひ、夜のきゅーはくへお出かけください!
日程・場所 内容   担当学芸員
6月23日(土)
第10室前
ベトナムからの手紙
約400年前に届いたベトナムからの手紙には何が書いてあったのでしょう?3月に重要文化財に指定されたばかりの貴重な手紙を公開します!
企画課
松浦晃佑
7月14日(土)
第6室
絵の具を拡大してみると・・・
昔の絵の具は、様々な鉱物(こうぶつ)を砕いて作られました。どんな鉱物が材料になったのでしょうか?実物をさわってみましょう。
博物館科学課
志賀智史
7月28日(土)
第7室
青銅器のカタチは時空をこえて
お寺で線香を立てる大きな香炉(こうろ)は、どうして三本足なのでしょう。そのカタチの秘密を、2千年以上も前の中国の青銅器(せいどうき)からさがしてみましょう!
企画課
川村佳男

夜のミュージアム・トークのご紹介
(平成29年11月11日「土器、測ってみる?」の一部・約1分)


お昼のミュージアム・トーク

日程・場所 内容   担当学芸員
6月26日(火)
第10室
福岡発、京都行き!江戸時代の焼き物
文化財課
無津呂健太郎
7月3日(火)
第8室前
夏はやっぱり海!の考古学
博物館科学課
佐々木蘭貞
7月18日(水)
第1室
特集展示「国宝 銅鐸絵画」展ご紹介
交流課
進村真之
7月31日(火)
第3室
始まりました!全国高等学校考古名品展
展示課
今井涼子
*都合により内容変更・中止となる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ミュージアム・トークのご紹介
(平成27年7月7日「大宰府の信仰」の一部・約1分)